企業は人なり。 いい人たちが発信する、いい暮らしを支えるいいもの・いい情報のブログです。     


by N118
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

講演会記録

c0066575_11383536.jpg


2月19日に開催した池間哲郎さんの講演会の感想文をまとめました。
感動したというたくさんの感想をいただきましたので、全てご紹介します。

●本を読んだ時より、池間さんのお話は心に響くものであった。
    池間さんの顔は修羅場をくぐってきた人、見てきた人の顔ですね。
    私のあこがれる顔です。とてもステキな顔をしていますね!
    講師である池間さんが一生懸命いきている姿勢、情熱にふれることができたことが、
    一番私にとってよかったことです。
    今から、私もさらに一生懸命生きたいと思います。ありがとうございました。

●日本という豊かな国に生まれ育っていると、世界にはたくさんのまずしい国々が
    あるということを知らずにいてしまいます。今日はとても勉強になりました。
    ありがとうございます。

●   自分は幸せだなぁ~と思う。 自分は何をしているのかなぁ~
    ゴミ山で生活している子どもたちの明るさ、一生懸命生きてる姿

●先日の椿山荘の賀詞交換会で知って、本を読ませて頂き、ぜひ講演を
    お聞きしたいと思って伺いました。
    私自身がガールスカウト活動のお手伝いをしておりまして、スカウトたちに
    この話を伝えたいと思い、DVDを見せてあげたいと思っております。
    スカウト達が考えてくれればと思っております。

●大きな勇気をいただきました。

●まず、家族に話し、家族でできるかぎり支援させていただきます。
    ほんとうに感動しています。感謝いたします。

●日本に住んでいて見えること、忘れていることに気づかせていただきました。
    日本はいまがんばって立て直さないとたいへんなことになると感じます。とくに大人が
    がんばらなければと思います。
    ありがとうございました。「愛と勇気」をいただきました。
    がんばります。お金もですね。大事なのは。

c0066575_11455442.jpg


●自分を見つめる良い時間になりました。正直ボランティアの意味が私の中で
    変わりました。本当にありがとうございました。

●大感動!!

●大人の子どもに向かう姿勢が変わった。
    大人の責任なんだということを再確認しました。私も同年齢の人の中ではかなり
    貧しいときを過ごし、結構苦労をしましたが、親と周囲の大人たちの力で自立できる
    力をつけて頂いたと思いました。
    自分の子どもに対する姿勢を少し変えて、ただ世話をしてあげる親から、
    子どもと一緒に考える(生きる)親になります。
    “ない”“ない”づくしが、自活できる自分をつくる大きな要因になったことに感謝します。

●子どもたちのかおが、生き生きとしていたのが、びっくりしました。

●“感動”しました。心をゆさぶられた。忘れていたことを思い出し、人間の見方がシンプル
    に変わる(原点が解る)本当の事が解りうれしくなった。気持が良い。
    ありがとうございました。真実は一つ。

●今日は楽しみにしておりました。
    池間さんの日本の子どもと大人へのメッセージが何より、胸にひびきます。
    中三の娘の卒業記念に、娘の友だちに冊子を配布したいと思います。

●初めて先生のお話しをうかがいましたが、日々の自分の生活のことを思いますと、
    私自身がいきていることがとてもはずかしい気持ちがいたしました。
    毎日一所懸命生きなければいけないと、改めて感じました。今日は小6の娘と
    共にお話をうかがいましたが、娘の心にも感じるものがあったことと思います。
    本日はありがとうございました。

●私の学校でも、一円玉ぼ金や、ユニセフぼ金などをやっているのですが、
    友達は「私はお金がないからぼ金をしない」という人がいます。今までは
    「そうなんだ」とすましていたけれど、今日のお話を聞いて、自分よりお金の
    ない人々がたくさんいるのに、お金がないなんて言えないと思いました。
    今日は本当にありがとうございました。

●途上国の子どもたちの生々しい現実を知り、また、ひるがえって日本のあり方
    のおかしさにも気付くことができました。池間さんの真剣な生き方には敬服します。
    見習いたいです。

●NPOの方のお話は、とても説得力もあり、ボランティア意識が高まりますが、
    最も大切なことが、“自分自身がケン命に生きること”という結論づけが、
    説得力を高めていました。

●1)一生懸命頑張る、努力することの大切さは、経営者の心に通じる。
    2)知ることなしでは、何事も始まらない。伝える技術の大切さを身にしみて感じた。
    3)「小善は大悪に似たり、大善は非常に似たり」その事が納得できる活動であった
     またその姿勢が感動を与えた。
    4)利他の心は、どの世界でも通じる。納得できることが多すぎる。
    大変ありがとうございました。

c0066575_11465293.jpg


●あまりにたくさん思うことがありすぎて、上手く表現できませんが、このようなお話しを
    聞くことができて本当に良かったです。
    自分で何かをしたり、実際に目にしたりすることは難しいので、定期的にこのような
    機会があれば、と思います。
    お話がとても上手でひきこまれました。

●母の手伝いを今日から毎日しようと思います。絶対します。
    本日は、ありがとうございました。

●考えるということよりも、いろいろなことを感じさせて頂きました。話しがきれいな部分 
    だけでなく、現実的な部分を聞かせて頂いたのは良かったです。

●生きることの大切さ、仕事があるということの喜び

●一生けん命生きること=目の前の問題から逃げないこと。
    いっしょうけん命生きていきます!

●一生懸命に生きるということの意味を、教えていただきました。ありがとうございました。

●   大変感動しました。子どもたちが必死になって生きている姿と、親のために生きる姿は
    忘れていたものを思い出した気持ちです。
    池間さんのこうした活動を続けていく生き方もじつにすばらしい。ありがとうございました。

●心にひびきました。子どもたちに聞かせたいと思いました。

●世界の現実は悲惨です。それを改めて体感しました。自国の子どもを守れない国、
    それを私自身疑問に思っていましたが、そうではないことがよくわかりました。

●生きるということ。ボランティアということの大事な意味が理解できました。

●“いの中の蛙大海を知らず”でした。DVDを毎朝見て、今後の自分の生きる“原点”
    にしたい。DVDを見て、池間氏の本日の講演は一生忘れないようにしたいです。
    自分自身が一生懸命精進して生きたいです。心より感謝します。

●どの様な言葉を持っても池間先生の行動には及ばない。自らの幸せを改めて感じる
    ことでした。何をこれから行動するか?考えるきっかけを頂きました。
    ありがとうございました。

●百年に一度の不況といわれる中、今日本に問われている事は何なのか?
    又、自分に問われる講演会でした。ありがとうございました。

●いのちは国籍と関係ない、人間どこでも同じ、大切なことです。
    自分はこんなゆたかな生活環境に生きるのは幸せなことと感じました。

●自分の子どもたちや、周りの人々に伝えたいと思いました。

●大変なショックでした。今までの生き方を考えさせられ、
    一生懸命に生きることの大切さを知らされました。

c0066575_11481357.jpg

[PR]
by n118 | 2009-03-03 11:46 | いい人ニュース