企業は人なり。 いい人たちが発信する、いい暮らしを支えるいいもの・いい情報のブログです。     


by N118
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

出版ニュース

c0066575_11433341.jpg


これまで、「いいものいい人いい暮らし」のサイトでご紹介した経営者のインタビューが本になりました。
業種も業態も様々な27人の経営者へのインタビュー集です。
発売は、5月21日発売です。三和書籍発行 1,600円+税

キャリアフォーカス研究所の古川昌子さんが、ブログで素敵に本の紹介をしてくださいました。

タイトルは、

いいものいい人いい暮らし
思うは招く -未来をつくる社長の言葉


掲載した経営者の方々の声を本という形にしたいという思いが漠然とでしたが、
だんだん強くなっていきました。

実際に出版しようと思い立ったきっかけは、2007年秋、インタビューがご縁で、
北海道の植松電機(株)の植松努さんを東京にお呼びして講演会を企画したときのことです。

植松努さんのインタビューの中で、おっしゃった「思うは招く」という言葉で、
私は「よし!本を出そう」と決断しました。

植松努さんに本のタイトルに「思うは招く」を使うことをご了解いただきました。
何事も絶対にやろうと決め、思い描き続ければ、それは必ず実現する。
素晴らしい言葉です。私はこの言葉に導かれて出版にまでたどり着けた気がします。

中小企業の会社の歴史は、創業者の歴史そのものです。
理念は、経営者の心そのものです。

第一章は、宇宙開発を通して子どもたちに夢とロマンを与え続けている植松努氏、

第二章は、創業者の熱い夢と思いの具現化する経営者を、

第三章では、事業を受け継ぎ、時代の変化に対応しながら新しい道を模索し続ける経営者を、

第四章では、女性ならではの柔軟さと包容力でしなやかに時代を切り開いている経営者の方々を

ご紹介しています。

業種業態の違いはありますが、底に流れる仕事への情熱、社員・家族・社会に対する
深い愛情と責任感に共通したものを感じます。

これまでの、そして、これからの「夢実現」経営指南書として、ご一読ください。

監修は立正大学産業経営研究所長の秦野 眞先生にお願いしました。

秦野先生の言葉:
人のインタビュー記事についてはさまざまな見方と感じ方があろう。
しかしながら私は、本書をあえて「経営者人生論」として読ませていただいた。
企業経営という流転極まりない舞台で、自分と従業員、その家族の一生を背負った
ひとりの人間の誇りと悩みに、共感と感動を覚えつつ、このまえがきを書いた。



[PR]
by n118 | 2009-04-23 22:14 | いい人ニュース