企業は人なり。 いい人たちが発信する、いい暮らしを支えるいいもの・いい情報のブログです。     


by N118
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

航空宇宙開発環境の下で、人材育成を!

いい人インタビューでご紹介しました、植松努さんをお訪ねしてきました。

c0066575_12132755.jpg


今回の北海道ツアーは、
植松努さんの植松電機さんを訪問するために
企画しました。

いよいよ6日は、赤平市の植松電機さんに伺う日、
お天気はあいにくの雨・・・6日の旭川は、今にもなきそうな曇り空、
午前の、美瑛観光からスタートしましたが、
やはり、美瑛は雨にたたられました。

c0066575_1216455.jpg


3台のレンタカーのナビの支持が違っていることもあって、
赤平市に余裕を持って入る予定が、

途中道に迷い、
ナビの支持の「道道70号」は砂利道の山越え!

c0066575_1215391.jpg


さながら、サファリラリー。。
後で聞きましたが、地元の方もあまり通らないそうです。(^_^;)

なんとか、お約束の14時に滑り込みセーフ
(本当は目の前の信号で待たされて数分の遅れ)

c0066575_12153186.jpg


わずか10名の私たちを、温かく御迎えいただき、
のどを痛めていたにも拘らず、
新しい計画のお話しを加えての植松さんの講演、
ロケット製作、無重力実験、燃焼実験、
そして、不思議に雨が上がった空へ
私たちのロケットの発射実験と
盛りだくさんのメニューを植松電機の皆さんでやっていただきました。

植松さんの講演での言葉

c0066575_12165528.jpg


植松努さんの夢

★ 住むためのコストを 1/10 に

★ くうためのコストを 1/2 に

★ 学ぶためのコストを 0 に

● 宇宙開発が教えてくれたこと

  あきらめると、どんなに素敵な過去もすべて後悔の対象となる。
  あきらめないと、どんなに辛い過去もすべて感謝の対象となる。

● 悔やまれる過去と付き合うには

  「過去を忘れたり」「過去を無視したり」「過去で同情をかったり」ではなく
  「これから」を良くする!しかありません。

● 10年後の可能性

  過剰なマスプロからの脱却社会を、北海道でいち早く実現する。
  これからの国際社会の手本となる地域ができあがらうはず!

● 大量生産から脱却した「くふう企業」は、「よりよく」を追求するので
  有能な人材を求める。
  有能な人材は、世界中の暮らしがよくなると得やすくなる。

● 日本の未来を支えるために、「これから」を信じよう!
  「これから」のために努力しよう!
  出来る理由を見つけよう!
  みんなで頑張ろう!

c0066575_12173960.jpg


今年、植松電機さんに入社した若者は、去年の秋、植松さんの講演を聴いて
この人についていこう!と入社を決めたそうです。

彼は、
「宇宙開発に興味があったわけではありません。
僕が興味があったのは、植松努さんその人です」

経営者への、一つの大きな答えをもらったように思います。
[PR]
by n118 | 2008-06-10 12:18 | いい人ニュース