企業は人なり。 いい人たちが発信する、いい暮らしを支えるいいもの・いい情報のブログです。     


by N118
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2007年 01月 23日 ( 1 )

c0066575_165839.jpg

住警器の設置が義務付けられたのが昨年の10月の事でした。

東京都の条例では新築及び増改築住宅に於いては昨年10月以降の建物について
は強制法規となり建物の持ち主は一定の決められた基準に従って、
居室・寝室・階段室等に住宅用の火災警報器を設置する事とされています。

又、平成22年からは既存の住宅にもその設置義務は拡大されます。

この事は、これから多くなるお年寄りを火災被害から守りその生命と財産を守る事に
なります。

HPでインタビューさせていただいた、植松さんの会社「関東消防機材」さんは、早くから保険会社に対して住警器の設置に伴い年間の保険の料率を下げる事を
働きかけて来ました。

その事によって住警器の普及が促進され結果、住宅火災の損害
が減少し、人々の生命や、財産を守り保険金の支払額の減少にも繋がる事と思われます。

又、保険掛け金が、例えば5%~10%下げられる事によって5年~10年の間には住警器の
設置費用も只か、それに近い物になると思われます。

幸いにも某保険会社から19年4月からの保険金の改定に伴い割引になるとの内部文章が送られてきました。嬉しい話ですよね…

さあ~、住警器を買うのなら今のうちですよ!!
[PR]
by n118 | 2007-01-23 15:59 | いいものニュース